読んでいただき、ありがとうございます。



ノンフィクションとあって、結構すらすら書けましたが…。



二年半も前の細かいことまで、思い出すのは大変でした。



そして、最後のほうは特定の人へ向けた



手紙形式になってしまったので、



多くの読者さんに楽しんでもらえたかは、



微妙ですね…。



でも、小説を書き出した時に夢だった事が



今こうして現実にすることができて、とても嬉しいです。




皆さんも、言えるときに「ありがとう」は言いましょう。



これからもHaルポソを、よろしくです☆ミ






この作品のキーワード
ありがとう  勝ちと負け  先輩  友情  後輩  部活  仲間  大会  バスケ