好きって、恋って、愛って、何?





私は私でありたいだけなのに

私は私であることを怖がっている





あなたはどんなふうに私のことをみていますか?



私はあなたのこと、
天使の私と
悪魔の私、
そして私の心でみています。





人は何を基準に人をみるのだろう。




膨大な数の人間が行き交う巨大な駅

それはまるで
人間という物体を輸送する巨大な工場のようで

そこを行き交う一人一人の心など、
誰も何も気にしない。




悪魔の私は言う。
人間なんてそんなもんだ。

天使の私は言う。
どうして?なんで?私は私で変わりないのに。




そして、私は思う。


私は私でありたい。



この作品のキーワード
予想外  障害  複雑な思い  ナンパ  差別・偏見  切ない    魔法使い  私でありたい  気持ち