彼女は俺にとって代わりのいない存在。


だが、それを言うつもりはない。


この作品のキーワード
溺愛  社会人  意地悪