私は舞子さんの言葉にショックを受けながらも、和也には何も言わなかった。


空に紺色の幕が降りてきた。
今夜、私と和也はホテルのスイートルームに宿泊する。


「やっと、二人でゆっくり出来るね…」

「え、あ…うん」


忙しい1日だった。

「桃…姫始め、しようか?」


舞子さんのコト、考えてる私に和也がポツリと呟く。


姫始めって何だろう?



「姫始めって何?和也」


「えっ?知らないの?桃」


「うん」


「ふーん。そっか…じゃあ~俺が教えてあげる」
和也の瞳は意地の悪い色を宿らせた。


「耳、貸して」

この作品のキーワード
続編  花言葉  イケメン  社長  浮気  結婚  甘々  和風  ラブコメ  想い出