和也のペースでそのまま、バスタイム。


恥ずかしがり屋の私の為に、バブルバスを持ってきて泡風呂にしてくれた。



私は和也の足の間で体育座り。


「もう少し…くっついてよっ。桃」
和也は私の耳許に唇を寄せて、甘えた声で囁き、背中に胸板をくっつけてくる。



「ま、待って!?心の準備が出来てないって…」


「心の準備って、俺と桃の仲でしょ?遠慮は要らない」



和也の両手は私の胸の膨らみを掴む。


「ち、ちょっと!?」
私は性急な和也に戸惑いながらも、胸は泡で見えないけど頂の中心は固くなっていた。


「桃、ここ固いよ…」
和也にも見つけられて、指先で固くなった先端を抓られた。


「やだっ…和也…あ…」

この作品のキーワード
続編  花言葉  イケメン  社長  浮気  結婚  甘々  和風  ラブコメ  想い出