沢山のお付に囲まれた日々から、一転。

私は大学に入って、寮生活を満喫していた。


私は古来から日本に存在する王族『帝家』の姫宮・紫穂(シホ)。

友人は沢山出来たけど、本音を言える相手はいなかった。


「紫穂、そのレポートいつ、終わるんだ?」


「もう少しです。智成さん」


「・・・つーか。お前は俺が多忙な人間だって分かってるだろっ?貴重な二人の時間にレポートなんて書くなよ!」



智成さんはソファーから起き上がって、私を叱り飛ばす。



「だって…明日までに」
智成さんはソファーを立って、窓際の机でレポートを書く私に近づいてきた。


彼が近くに来ると、自然と身体に力が入ってしまう。


この作品のキーワード
続編  花言葉  イケメン  社長  浮気  結婚  甘々  和風  ラブコメ  想い出