私わ唖然とした



涙がひとつふたつ私の目からでていることに私わきずいていた

家を飛び出た

何もかもわからなくなった





私わ町を一人寂しく歩いていた


「バンっ!」


私わ何かにあたった

「す、すいません・・・」

私わそういい残し逃げ去ってしまった



次の日

クラスに転校生がやってきた



「鈴木 亮太です」


彼わ言った




私わ人生初の一目ぼれをした


茶色な髪
くっきり二重の目
なにもかもが整った顔



亮太 わ私のななめ前の席に座った