「あの御方の御正妻に……私を?」


公家たちが要となり、雅な文化が花開いていった平安の御世も末。


中納言を父にもつ経子に持ち上がった縁談の相手は、勢力を伸ばしつつあった武門の嫡男だった――。



※大河ドラマに沿って書くことがしばしばありますので、ご了承下さい。

この作品のキーワード
武家  公家  平家  平安  正妻  保元の乱  平治の乱  京都  六波羅  朝廷