★★★★★
ボロ泣き
ハナとセイの何気ない会話にも涙がでてきました。私たちが気にしないようなことでも、記憶が1日しかもたないハナだからこそわかる、景色の綺麗さや''記憶があること''の大事さに少しだけ気づけたと思います。
小説を読んでここまでボロ泣きしたのは初めてです。とても感動しました
++
16/05/03 21:20

>>新着レビュー一覧へ