この家に来てこんなにたくさん話したのは初めてだと思う。

如月は私が話す一言一句漏らさず聞いて答えてくれる。

こんなことを嬉しく感じてしまう私はおかしいのかもしれない。

彼はまだ結婚してなくて、名前は司。

両親は亡くなられたようだけど、弟が一人いる。

これで彼のすべてを知った、なんてことは思ってないけれど。

でも、素直に嬉しいと思った。

彼は私を無視したりしない。

私を見て私の事を考えてくれてる。

それが彼の仕事だと知ってるけど、それは私にとってとても救いだ。


「……紗様」


上から如月の声が落ちてくる。


「千紗様」


なかなか目が開かない。

私はいつの間に寝てしまったのかしら?

それよりも小刻みに揺れる身体。

ここは一体……?

そっと目を開ければあたりは暗くて。


「千紗様、もうじき着きます。起きられますか?」


その声にパチリと目を開けた。

横になった景色。

私の頭の下には見覚えのあるズボンがあって。


「ご、ごめんなさっ!」


慌てて体を起こすと、


「痛っ」

「――っ」


ゴツン。

思いっきり如月の顔と私の頭がぶつかってしまった。

この作品のキーワード
歴史  公家  政略結婚  歳の差  紳士  鬼畜  恋情  拘束  切ない  金魚鉢 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。