いつも帰り道が一緒だった二人が最後の「またね」を言います。

目次