「だから、ここは…」


綺麗な細い指で私のノートを指差す先生。

あの頃は、ただ先生のことが好きで好きで。

まわりなんて見えてなかった。



先生の特別になりたい。



先生を好きになったあの時から私は。

ずっとそう思っていました。


ねぇ、先生。


私、先生のことが。