俺の碧。
俺が好きなあの香りはまだ少し胸を締め付ける。
貴方はいつまでも俺の好きな碧色。