いよいよ開戦だ。

戦いを始めよう。

この争いが本当にこれで最後にできるように。

みんなが落ち着いて暮らせるように。

この争いが終われば、学園の対立がなくなる。

堂々と付き合える。

隠さなくてもいいのだ。

自分の想いを隠さなくてもいいのだ。


「準備はできたな。」


振り返るとwoman's gerden(女の園)の皆がいる。

皆、一様に細い腕に武器を持っている。

それは木刀であったり、竹刀であったり、木製バットであったり、様々である。

しかし、木や竹などでできたものに限っている。

これもルールのようなものだ。

この作品のキーワード
高校生  学園  恋愛  甘々  初恋