それとも、喜んでくれるだろうか。

 なんて思っていると、将人がさっき閉めた玄関のドアがゆっくりと開いた。

「…あ」

 俺は玄関を見て、声を漏らした。

 そこには、俺の脳裏から離れない小悪魔な子猫が満面の笑顔で立っていた。




 END

この作品のキーワード
不良  俺様  イケメン  子猫  美少女  天然  高校生  中学生  同居  甘々