愛してる、なんて
私にとっては
軽い言葉だった


目次