ずっとずっと、好きだった幼なじみの彼には、つい最近彼女ができた。



「陽菜! オレ、彼女できた!」



嬉しそうに笑う和志。



ズキッ。



胸が、痛んだ。




この気持ちをどうすれば良いのだろう。




失恋した私に手を差し伸べてくれたのは、もう一人の幼なじみ、理央だった。




「俺は、陽菜が傷付く姿を見たくない。


陽菜が好きだ」




私は、その手を取った。