私が実際に体験した内容が含まれています。

私の地元は、都会と違って電車の本数が少ないです。

名古屋とか行った時は、すぐに来る電車に良く感動しました。

朝早く、夜遅くまでクラブしていたから、一分でも早く電車に乗りたかった。

最後のふみきり渡れなく、電車が行ってしまった事は一度や二度ではありません。

電車乗れなかったあと、母に電話するのは辛かった…

そんな苦い思いを小説にしました。


2013 .1 .17 .

この作品のキーワード
日常  電車  毎日  クラブ