あれから約1ヶ月か過ぎて、
夏も終わり秋になり始めた。


あれからは、毎日飲み会がない限りは
いつもあたしのごはんを食べてくれる。


それだけで、あたしは嬉しい。


「いってらっしゃい」


「あぁ」


こんなこともできるようになったの。


すごい進歩でしょ?



この作品のキーワード
政略結婚  ミスター  片想い  不器用