次の日。


朝起きた時にはもういなくて、
出張に行きました、と篠さんから置き手紙があった。


「行っちゃったのか」


連絡くれてよかったけど。


颯汰さんからではなかったことに少しショック。


だけど、今はこんなことしている暇はない。



──プルルルル…プルルルル…



この作品のキーワード
政略結婚  ミスター  片想い  不器用