「 あははっ 」





「 なにそれーっ! 」





周りの奴等が笑ってる





いつもの事だ





一人が笑って皆が笑う





もちろん僕だって笑う





「 なぁ、なんでお前笑わないの? 」





僕は君にそう聞いた





「 なんで笑わなきゃいけないの?
  笑う事は生きていく中で必要? 」





君は無表情で、
 冷たい瞳で、そっと呟いた





嗚呼、君には未来も笑顔も無いのか。