自己満小説。




感じたこと、思ったことを
ただ延々と書いていくだけです。



無理な共感は求めてません。







価値観なんてもんは、人それぞれ。


――――――――――――――――


気分を害される可能性があるので
読む際には、お気を付けください。

更新する章はバラバラです。

この作品のキーワード
  短編      自傷