次の日は寝室に鍵をかけて朝から夜まで一度も部屋からでなかった


何度も毅がノックしたり話しかけたけど返事はしなかった


と言うよりもできなかった


夕方携帯が鳴り廉からの着信があったけど出られなかった


悪いことをした訳じゃないのに胸がそわそわしてどうしたらいいかわからない


着信のあとはメールがきた


『部屋から出てこないと毅が心配してる。具合でも悪いか?寝てるのか?もうすぐ帰る。それまでに鍵を開けないとスペアキーで開ける。』



どうしよう……


こんな顔じゃ出られない……


泣き続けたせいで目は真っ赤で腫れてる……


悩んだあげくメールを返した

この作品のキーワード
医者  冷たい  政略結婚  俺様    結婚  身代わり  片想い  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。