あの頃のあたしは弱虫で、


とにかく誰かといたくて、


寂しくて、泣きたくて、



ぶつけるあてのない怒りに

支配されそうな毎日だった。





※人物名のみ個人情報のため仮名にしています。

バカだった時代の話です。

どうか笑ってやってください。