骨董屋の娘。


皇極蜜輝(こうぎょく・みつき)18歳。


ある日、店の一番高価なツボを割ってしまった。


その拍子に、平安時代にタイムスリップ。


伝説の安倍 晴明に出会った。


しかし、実際の晴明は伝説とは雲泥の差。


絶世のイケメンだけど…


酒好き、女好き。


極めつけの俺様主義。


「は?祈祷?そんなものは適当。
ゴニャゴニャと言っていれば分かりはしない。」

「神社!?寺!?そんなもので
御利益があるなら、人間苦労はしない。」


「式神?お前はそんなものを信じているのか?
あんなのは奇術のからくりだ。」

「何が助けてだ?助けて、じゃない。
助けてくださいご主人様と言え。」


そんな晴明しか、頼れるものはいないのに…。


無事に現代に帰れるの?

この作品のキーワード
トリップ  安倍晴明  俺様  イケメン  平安時代  伝説 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。