西川祐人。
 高校三年間を同じクラスで過ごした、初恋の人だった。

 懐かしい甘酸っぱさと苦さが、口の中に広がる。


 彼は女子にモテた。文武両道の優秀な生徒だった。

だけど毒舌家で、告白してきた女子をとことん追いつめるような男子だった。

だからあたしは、彼が大嫌いだった。


 中学二年の夏のことだ。

当時愛読していたコクトーの詩集を、うっかり机の上に置き忘れて帰ってしまったことがあった。

朝、時間割をあわせていて気づいたあたしは、焦りに焦った。

 あんな物みんなに読まれたら、確実に引かれる。