碧「ありす先輩、どうしました?」


「……え?」





ありすの箸が進んでいないことに気付いた碧が話しかけた。







碧「全然、食べていないですけど」


聖「そういえば、そうだな。体調悪いのか?」


「ううん!!!そう言う訳じゃないんだけど………」


累「じゃあ、何なんですか?」





ありすに視線が集中する。



しかし、ありすは何も言うことが出来ず俯いています。





その間にも、視線は降り続ける。



それはスートの五人に留まらず、

学食に居る生徒たちの視線も含まれています。