CM出演する女優のスケジュールを抑えた。
会社の社長他重役クラスには部長経由で出席のお伺いをたてる。


同時に郡司さんと霧沢さんが制作会社の担当者、役員のスケジュールを調整して、ようやく制作発表の日取りが決まった。


会場となるホテルの担当者との打ち合わせも済んで、これでやっとマスコミ向けに対外発表に踏み切れる。


昼食を社食で大急ぎで済ませて、午後一で訪問した忍の勤務先のホテル。
一度アポ無しで訪問した時の営業担当者、木村さんが、あれ以来ずっと対応してくれていた。


制作発表の会場と、その後の懇親会の会場は隣り合わせで押さえてあった。


郡司さんは木村さんが広げた料理や花飾りのカタログを吟味する。
その横から木村さんが親切にアドバイスしてくれたおかげで、制作発表も懇親会もとても華やかになりそうだった。


打ち合わせを終えると、途端に砕けた雰囲気になる。
何度か顔を合わせる間に、仕事とは関係のない話もするようになった。


郡司さんと木村さんが同い年だってことは前回の打ち合わせで判明していて、今日は大学時代の専攻のことで会話に花が咲いている。


それを聞きながら、私はボーッと木村さんを眺めた。

この作品のキーワード
遠距離恋愛  社内恋愛  意地悪  プレイボーイ  浮気  胸キュン  恋人  同僚  結婚  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。