「どうして、春ちゃんなんだろ・・・・・」

本当にそばにいてほしいのは夏樹。

ちゃんと自分でもわかってる。

こうなることは初めからわかってて、自分で選んだのに。

やっぱり悲しくなってしまう。

「ごめんな」

春ちゃんが眉を下げて悲しそうな顔をする。

「ごめんなさい・・・・。春ちゃんは何も悪くないのにこんなこと言って」

「そんなに何回も謝らなくていいんだよ?」

やっぱり春ちゃんは優しい。

私はそんな春ちゃんに甘えてしまう。

「おなか、少し目立ってきたな」

「わかる?元気に成長してるんだよ。ってまだ全然実感ないんだけど」

ここに、新しい命があるなんて。