薄汚れた校門の前に立った彼女は静かに目を閉じた。
 微かな土ぼこりの匂い。冬休みを県大会に向けての練習に費やす運動部の声が遠く聞こえる。
 何もかもがあの日のまま。
「ミサキ……だよな。」
 目を開くと『センパイ』が立っていた。