アパートに着くと、私は異変に気づかされることになった。

『あれ…あたしの荷物…?』

私の住んでいる209号室の前に、私の荷物が積んである。

嫌な予感がした。

家を追い出された…?

いや、ここ最近親とは良好な関係を保っていたし、追い出されるようなこともしていない。

だとしたらなんで…?

この状況を理解するためには、ドアを開け、部屋に入るのが一番早い。

だが、私はこのドアを開けるのに少し抵抗があった。

真実はいつも良いことばかりとは限らないのだ。