ナイフを掴んだ右手から、赤い雫が落ちる。

中年の男は放心状態で、

「…わかった、俺が悪かった。借金返済はしなくていいから、警察はやめてくれないか」

そこまで聞いたところで、ナイフを掴んだ手を離した。

離すと麻痺していた感覚が戻ってきて、さらに痛みが増して右手に突きささる。

血がリズミカルにポタポタとおちていく。

次第に感覚は消えて行った。

それでも妥協することなく交渉を進める。

「一千万円で見逃してもらおうだなんて、世間を甘く見過ぎじゃないですか?警察に突き出せば、その何十倍も落とすことになるんですよ」

「わかった、三千万円だ。」

俺はまたにたりと笑った。

「金額はそれで手を打ちましょう。それともう一つ提案があるんですよ。」



「うちの会社の社員になりませんか?」