『あ、すいません。つい…』

怒られることを予想して、直哉を見上げると、

「いや、その方がいい。」

意外な言葉に、また、戸惑った。

「一緒に住んでるのに敬語は堅苦しいだろ?」

『…確かにそうですね。次から直します。』

「おー。」

直哉は席を立つと、箸と皿を流しへ持って行った。