ここを卒業するときに断ち切ったはずの想い。


この場に閉じ込めて置いてきたはずの想い。


あぁ、でもきっと。私は忘れられていなかった。