平凡……健吾さんとの付き合いはその言葉に尽きる。
 でも、その平凡が今の私には砂漠に落ちる雨のようにありがたいもので……。

『健吾さん、今日は会える?』

 気兼ねなくいつでも電話していいって言われてたけど、仕事中に電話するのはさすがにできなくて、メールをする。
 でも、こんなの……浩介と付き合っていた頃は”禁忌”だった事だ。
 
 だから普通に『少し遅くなるけど、9時にはいつもの駅で待ち合わせようか』なんて返事が来るのが嬉しくて心がホッとする。

 一人でいられない女。
 以前の私なら強がって”私はもっと強い””私はもっと誇り高く生きるんだ”なんて言っていたかもしれない。

 でも……今は違う。

 強がっていたら自分が逆に歪んでいきそうで。
 それを健吾さんが先に察知して手を差し伸べてくれた。

 浩介に抱いたような燃える思いは無い。
 正直、”これが付き合ってるって事になるのかな?”って不安に思えるほどのゆったりしたペースで私たちは付き合っている。

この作品のキーワード
ダメンズ  ダイエット  本当の愛  裏切り  忘れられない  切ない