「…自分への償いじゃないかって言ってましたよ」

「償い?」

「彼女が自殺したのは、あたしへの償いじゃないかって」



 真依子は、確かにそう言った。

 担当ナースである茉里さんの死は恰もあたり前だとでも言うように、力強く儚い声でそう言っていた。



 後藤さんは僕の言葉を聞き、スーツの上着の懐から黒革の手帳を取り出した。

 付属のボールペンでさらさらと開いた手帳に何かを記し、僕を見つめる。



「もう一度、二条さんにお会いしてみます。彼女はやはり、何か知っていますね…」



 カチッとボールペンのインクを戻すと、後藤さんは柳眉を寄せて頷いた。

 僕だって同じだった。

 だから意地でも何かを聞き出そうと思ったけれど、彼女はそれを許してはくれかった。



「またご連絡しますね。ご足労ありがとうございました」



 ソファから立ちあがった後藤さんは座る僕に軽く頭を下げ、戸口へ移動する。

 その手がドアノブに触れた瞬間、僕は彼の背中にこう伝えた。



「ありがとう…ございました」



 だらりと首を項垂れさせるよう頭を下げると、スーツの衣擦れで後藤さんが振り向いたのがわかる。

 ドアノブから手を離して僕に近づいた後藤さんは、何も言わずにとんと僕の弱った肩を叩いた。



この作品のキーワード
大人の恋  運命  家族      すれ違い  純愛  過去  ショパン  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。