純白のシーツの上に、僕と彼女。

 互いの呼吸が静寂とした室内を埋める。



 これを俗にいう“運命”と呼ぶのだろうかと、そんなもの毛ほども信じていなかった僕が本気でそう思った。



「…そら、あなた見かけによらず強引なのね…っ」

「…黙って」



 目に見えない運命なんて一ミリも信じちゃいないけれど、僕の繊細な感性を超越した出会いがそこにはあった。

 古酒の如く甘く刺激的で、それでいて濃厚な一瞬。



 彼女だけに瞳を奪われ、彼女だけにこの身体を捧げた。

 体液全てを捧げても惜しくないと思ったし、ましてやセックスの果てを迎えることすら憎かった。






 僕は彼女に、盲目だった――。



 そう。
 愚かなほどに、盲目だった――。



この作品のキーワード
大人の恋  運命  家族      すれ違い  純愛  過去  ショパン  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。