>イエム様

かなり返信が遅れてしまい、申し訳ありません!

イエムさんからのレビューは未だに読み返してしまうほど素敵で、本当に感謝感謝です。ありがとう。

フーガも気に入って下さったようで、ショパンは偉大ですね~^_^

書籍どころがドラマだなんてどちらも夢の夢のまた夢の夢(∞)ですから、イエムさんのそのお言葉だけで充分です。愛罪を愛してくれてありがとうございます!



藤枝 恵 15/04/06 13:24

めぐさん、
こんばんはぁ(*^^*)
イエムです。

レビュー、喜んで頂けたようでホッとしています。400字で愛罪の良さを語るのは私にはハード過ぎたものですから(笑)

国語の記述問題は必ずと言っていいほど長くなります(^^;)簡潔にまとめられない…。


ニコ動見られるんですね!
私はYouTube派なのでニコ動はあまり見たことが無いですね~。

残念ながら良いマイクや設備は全く無いので動画でUPはできませんが、HPで音声をあげようかなー…と考えています。

でも、駄声を人様に聴かせて良いものかと思案中です(´-ω-`)

勇気が出たらプロフからリンクさせますね!勇気が出たらですが!


今フーガがすごく好きなんですよ(*^^*)
iPodにとって勉強中とか寝る前に聴いてます。色んな楽器を使った壮大なクラシック音楽よりも、今はピアノだけの曲が落ち着きます(´▽`)


愛罪、本当に大好きです!! 書籍化どころかドラマ化希望します。
ほんとにそれくらい心を揺り動かされました。


あ、そういえば先程「返り咲きの桜」公開しました!

ファンメールは送ったばかりなのでまだ届いていないと思いますが…。
とりあえず報告を(^^)


ではっ

イエム 13/11/07 21:49

>イエム様

改めまして、感想有難うございます。

いつも丁寧に感想を下さる他、私には勿体無い言葉たちを本当に有難うございます。毎回恐縮ながら凄く嬉しいです。

レビューもぴったり400文字書いて下さったということで、本当頭が上がりません。

愛罪はタイトルから物語を思いついた作品なので、タイトルの意味が伝わって嬉しいです☆

フーガ、聴いて下さり有難うございます!私、ピアノは本当に無知なのですがたまたま聴いたフーガが凄く心に響いて、これをイメージした作品が書きたいなと思い、暗く重たいイメージのラブミステリーを思いつきました。そらと同じように、綺音ちゃんの中でも受け取り方が変わったのは丁寧に愛罪を読んで下さったからだと思いました。フーガの哀しさと愛しさが伝わって良かったです。

いえいえ!不都合だなんてとんでもないです!頭を悩ませて生み出した比喩じゃなく、パッと閃いた表現をこうしてピックアップして下さってとても嬉しいですよ^^有難うございます!

ラストのドラマあるある、伝わって良かったです。笑 コメディードラマとかでよくありますよね。笑

こちらこそ、素敵な感想にレビュー本当に有難うございました!何度言っても足りないくらい感謝しております。

藤枝 恵 13/11/03 21:33

>イエム様

友人様に自慢とはお恥ずかしい!自慢して頂くような人間じゃないですよ、ほんと。有難うございます。

歌ってみるとは……?まさか、ニコニコ動画とかですか?だとしたら是非お願いしますって感じです。笑 ニコ厨なもので。笑

長けてらっしゃいます!私も綺音ちゃんの比喩や表現にドキッとさせて頂くことが多々ありますから(^_^)/

そして、完読に素敵な感想とレビュー有難うございます。涙

もちろん公開された際はすぐ飛んで行きますよぅ☆

藤枝 恵 13/11/03 21:24

めぐさん、こんばんは。
イエムです(*u u)

先程、愛罪を読み終えて、お待たせしてしまったには拙すぎるレビューを書かせて頂きました。
改めて思ったのですが、どうして400字以内なんでしょう…!?せめて1000字は欲しいものです。。400字ぴったり書かせて頂きました(笑)


もう、何とも言えないです。

人の愛しさと哀しさを、私はこの物語に垣間見ました。
対照に表現される2つを同時に描かれた、そんな物語だったと思っています。

愛と罪。
正反対であるような二つの言葉は、実は限り無く近しく、まさに紙一重の存在なんですね。
愛故の、罪。
この言葉を見た瞬間、たった二文字のタイトルに込められた意味に鳥肌がたちました。ほんとに。

フーガ、もっと早い段階で聴ければ良かったのですが、読み途中に一度、読み終えて一度聴きました。
作中でそら君が感じたように、私もまたフーガに全く違う印象を抱きました。
初めて聴いたときは、下から響いてくるような低音に物悲しさを、読み終えて聴いたときには、最初に感じた物悲しさの次にむずかゆくなるような愛しさを。
めぐさんの豊かすぎる感性に、本当に驚いたというか感動したというか…すみません、まだ心が静まっていないようです(笑)

前に感想を書かせて頂いた時にも言いましたが、この物語は本当に、謎が解けていくごとに美しさを増していきますよね。
ミステリーの醍醐味を、痛感しました。

メールで許可を頂いたので、心を打たれた描写をレビューで二つ挙げさせて頂きました!
あと幾つかあったのですが、字数制限のため書けず…orz
二つ目の描写には「真依子」の名前があったのですが、どうだろうと悩んだ末、「彼女」に変えさせて頂きました。
もし不都合がありましたら、戻させて頂くので仰って下さい!


ラストのドラマ的な終わり方が、個人的にかなり好きです(笑)ばっちり想像できましたよ!

長々とすみませんでした!!
待っていて下さってありがとうございました(*^^*)
そして、素敵な物語を、ありがとうございました。

イエム 13/11/02 23:36

めぐさん、こんばんは!!
イエムです(*u u)

感想のーとの初の書き込みがめぐさんで私は嬉しいです(*^^*)

伺えなかっただなんていやいやいやいや、お忙しいにも関わらず丁寧にメールのやり取りをして下さったじゃないですか!!

私嬉しすぎて友達に自慢してましたよ!
「めっちゃすごい小説書く年上の作家さんとメールしてるんだぜ(ドヤァ」みたいな感じで(笑)

メールの返信は気にしないで下さいね!
ほんっとうにお時間のある時で構いませんから!!


わわわ、かんたん感想の投票ありがとうございますっ!!

はい、めぐさんの仰る通り、あの詩は以前どちらも公開していました(*^^*)
涙色は編集しましたが、蝶の詩は変わっていません。

涙色、気に入って頂けたようで良かったです*
調子に乗って曲が付いてしまったので、いつか歌ってみようかなー…なんて思っていたり。


か、感情表現が、たたた長けている…!?
めぐさんには及びませんが、そう言って頂けて嬉しいです(*^^*)
ありがとうございます。
もっと上達できるよう、精進致します!!


愛罪、今半分ちょっとの所です。
素敵な表現を拾いながら、じっくり読ませて頂きますねっ。


戦国の話ももうすぐ公開できそうなので、その時はまた宜しくお願いします(*u u)
暇つぶしに読みに来てやって下さい(笑)


それではっ

イエム 13/10/31 01:36

>イエム様

書き込みありがとうございます☆

綺音ちゃんの本格復帰、心から楽しみにしております。

最後花火読んで下さっていたとは!嬉しいです!また読んで下さった際は、感想お待ちしてます^^

私も、そちらの作品伺いますね〜。

藤枝 恵 13/10/12 13:16

めぐさん!!
こんばんは、元・双庭綺音です。

これからは『イエム』という名前で活動していきます。

お約束通り、新ユーザーになってから一番最初にお邪魔させて頂きました!!


ファンメールはまた後で送信するつもりです。


今公開している作品は詩集・短編・短篇集のみですが、長編物も随時公開していきたいと思ってます!!

とは言っても、長編物は推敲したくらいでストーリー的にはほとんど進んでいませんが…。

曖昧だったテーマや伝えたいことを、明確に描けるよう頑張ります!


こちらでも、どうぞよろしくお願いします(*^^*)


愛罪へのレビュー、待っていて下さいね…!!

あ、それと実は、最後花火は読破済みだったりするんです。

でも読んでからかなり時間が経ってしまったので、再読してこちらもレビュー書かせて頂きます!!


ではでは。

イエム 13/10/09 21:53

>Mr.F様

えふたん、お久しぶりです☆
あ、夏休みですもんね!えふたん、まだ小説開かれない感じですか?楽しみにしてますよ〜^^

テイストはがらりと変わりましたよね(汗)、謎が明かされてく度に距離が縮まる風にしたかったので、本望と言えば本望です。笑

逆に、他にも方法はあったのに死を選んだってところが個人的には皆さんに受け取って貰いたいところです。死んだら終わりだとわかっていながら死を選ぶのって賛否両論があるし、本人にしかわからないところですから、そのへんをどう解釈して下さるかによって物語に味が出るかなって!

フーガからの風雅、最初は名前を決める予定なく書いてたのですが、真依子の妊娠がわかったときにふと降りてきました。笑 初めは性別は女の子の予定でした。笑

いやほんと、真依子の葛藤は凄まじかったです。夏海のことはもちろん、父親や茉里などたくさん悩ませすぎましたね。。。

完読に感想、ほんとにありがとうございました!♪

藤枝 恵 13/09/02 20:12



めぐたん。お久しぶり( ^ω^ )
長らくご無沙汰になっちゃって申し訳ない。かれこれ半年以上経っちゃいましたね。
長い休みがとれたので少し復帰しようと、まずは手始めに、真っ先に愛罪を読破しました☆

真依子の魅惑的でミステリアスな振る舞いに前半は翻弄されっ放しでまったく先が読めませんでしたが、後半テイストが変わってきましたね。

フーガの悲壮感からだんだん明るくなって、真依子の温かさが垣間見えてきて。。素晴らしいカタルシスでした!

夏海さん、、あんなに罪悪感を感じるほど雄二さんを好きになってたんですね。そらも言ってたように、他に方法はいくらでもあったのに感は否めないけど、起こってしまったことは仕方ない( ;´Д`)

色んな人が命をたってしまった中で、雄二さんの命が救われ、風雅という新しく命が芽生えたことが喜ばしかったです♪

フーガからの命名!わ、すごい!って思わず言っちゃいました。音楽好きのえふとしては唸らずにいられませんでした。素敵です。

そらはたくさん悩んでたけど、それを弄んでいるようにも見えていた真依子も実は色んな葛藤があったんですね。。

長い間おつかれさまでした!
個人的にめぐたんの書く恋愛もの←今回は少し違うけど 好きですよー( ´ ▽ ` )ノ

Mr.F 13/08/31 05:46

次へ最後へ

>>感想ノートに戻る

>>作品に戻る

 ※通報とは?