2年前、突然俺の前から姿を消した彼女を

偶然、経営統合することになった相手の会社で見つけた。


苗字、名前、年。

すべて知っていた彼女と違ってた。


しかしそれは、間違いなく彼女だった。




わかってた。

あのときのことはすべて虚構だったんだ――



 * * 



H25.01.14 start →02.07 end

この作品のキーワード
サスペンス  再会  じれじれ  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。