まじ何ーーーーー




ちょーー不安




そぉ思っていたら、客間のドアが開いた




その開いた扉の向こうには・・・





真っ黒で綺麗にアイロンのかかったスーツに身を包みあたしに丁寧にお辞儀した人がいた





その人は顔をあげ、部屋に入りドアを閉めた




・・・・・・何この人




整った顔に少し茶色のかかった髪




すらっとした身長は170ぐらいありそう




その瞳にあたしは吸い込まれそうになった