はぁ……朝からずっとため息がでる。
これで何回目だろう。

食券を手にボーッとしていた。


「あら、ゆずちゃん元気がないね。恋の悩みとか?」


八宝菜定食をトレイにのせてくれた食堂のおばちゃんが話しかけてきた。


「へっ?や、やだな。そんなんじゃないよ。おばちゃん、ありがと」

恥ずかしくなりトレイを受け取り、逃げるようにその場を後にした。


恋の悩みってなに?
今までそんなことで悩んだことがなかったのでよく分からない。
うーん、と首を傾げいつもの席へと足を向けていると。


「ゆず、こっちに来いよ」

あたしのお気に入りの席に座っていた葵が大声で叫び手招きした。

……っ!!!

ちょっと、なんでそこに座ってるのよ。
先を越されていたことに若干、苛立ちを覚えた。

葵の声に食堂にいた人達があたしの方を見る。


食堂には席が五十ぐらいある。

今は数人の女子社員、あとは男性社員が十五人程度いる。
男性社員の人たちは散らばって座っていて素知らぬ顔で、黙々とご飯を食べている。

女子社員は固まって席に座っていたんだけど、運悪く葵が座っている隣のテーブルに陣取っていた。

この作品のキーワード
同級生  幼馴染み  ピュア  意地っ張り  不器用  一途  オフィスラブ  鈍感  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。