はぁ、ようやくか……。


ベッドに腰をおろし、そのまま仰向けになり天井を見つめる。

飯食ったあとにゴチャゴチャ喚いていたゆずを強制的に俺の部屋に連れてきた。



そのゆずは今バスルームにいる。
ゆずと再会してからずっと禁欲してる俺ってマジですげぇわ。


じっと目を閉じてゆずと再会するきっかけとなったことを思い出した。



大学四年になり就職活動を始めようとした頃――…。




俺は親父の会社を継ぐための勉強をしていて久々に実家に戻った時、たまたまゆずの母親の花音さんが来ていた。


花音さんからゆずが短大を卒業したにも関わらず就職もしないでフラフラしてるという話を耳にした。



これは俺にとって願ってもないチャンスだと。



すぐさま、ゆずに親父の会社の就職面接を受けるように花音さんに薦めてみた。

当然、俺も受けるつもりだが。

この作品のキーワード
同級生  幼馴染み  ピュア  意地っ張り  不器用  一途  オフィスラブ  鈍感  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。