ヤバイ、どうしよう、気持ちイイ。

身体の芯までとろけるような甘いキスに抗うことなく溺れていく。


「あっ……、」

不意に葵が服の上から胸を優しく触ってきた。


「なんでブラつけてんだよ」

風呂上がりは普通ノーブラだろ、なんてブツブツ言ってるし。

何が普通よ、バカじゃない。

あたしだって迷ったんだから。ブラをつけてなくてヤル気満々だと思われるのも嫌だったし。
複雑な乙女心をもっと知りなさいよ。


「ま、いっか。どうせすぐに外すし」

ニヤリと笑い器用にホックを外し直接胸を愛撫されると、自分の口から漏れる声に恥ずかしさが込み上げ、思わず手で口を押さえた。



「ゆず、マジで可愛いな。てか、もっと声聞かせろよ」

葵はそう言って目を細める。




この作品のキーワード
同級生  幼馴染み  ピュア  意地っ張り  不器用  一途  オフィスラブ  鈍感  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。