「おはようございます。山口商事の里中です。営業の徳山部長と十時にアポイントをとっているんですが」

「山口商事の里中様ですね。少々お待ちください」


あたしの隣で香苗先輩が対応してる。

内線で徳山部長を呼び出しているみたいだけど、会話の内容から徳山部長は電話中みたいだ。


「柚音、悪いんだけど里中様をあそこの椅子に案内してくれる?」


香苗先輩が囁き、分かりましたと頷き立ち上がる。

ロビーに備え付けてある来客者用の椅子へと案内する。


「里中様、こちらでお待ちいただけますか?徳山ももうすぐ降りて参りますので」

「分かりました。ありがとう」

「それでは、失礼します」

お辞儀をして、受付に戻っているとエレベーターから徳山部長が降りてきた。


「徳山部長、里中様はあちらにいらっしゃいます」

「了解、ありがとう」

すれ違いざまに言葉を発し、軽く会釈し受付へと足を進めた。



この作品のキーワード
同級生  幼馴染み  ピュア  意地っ張り  不器用  一途  オフィスラブ  鈍感  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。