「父様、母様、本日まで私を育ててくれてありがとうございました」

 白無垢の重い打ち掛けを纏い、冷たい畳の上で精一杯の感謝の気持ちを込めて深々と頭を下げた。


 祝いの儀は花嫁から両親への挨拶で準備が整い、あと少しで花婿の家から迎えがきて住み慣れたこの村を離れる。




 今日、私は顔も知らぬ男の家へと嫁ぐ。