どれほど必要とされていたか


気がつくのが遅かった


ごめんね・・・・・ごめんね・・・・・




 _________________・・・・・・




ある人をイメージして書きました。


彼のそばに、温めてくれる人がいたなら・・・・


未来は違っていたのかな・・・・


思い描いていた大人になれたのかな・・・・














目次