「……ねえ。」




ふいに後ろから何かに引かれ身体がよろける。







「……ねえ!」





……なんだよ?



後ろを振り向くとそこには声の主であろう小柄な女がたっていた。





ブルブルと震え唇をきつく噛み締める歯もガクガク…………




そんな寒いなら、スカートなんてはかなくてもいいのに。





「……何か?」





俺の問いを聞くと待ってましたと言わんばかりに

鋭い風に切られたように真っ赤になった頬を膨らませ、




「………………付き合って!」




いたずらっ子のような、でも真っ直ぐな瞳で

俺を見つめて、そう言った。