「ん~おいしい。」

口の中にシュワっと甘めのシャンパンが広がったと同時に満面の笑みを浮かべる。

私は、『T's』で私はおいしい食事とお酒を堪能していた。

「ありがとうございます。お客様。」
そんな私をみてアイツが、一目見て営業スマイルとわかる笑顔を浮かべた。

アイツと私の関係は、あの日の飲み会のあとから少し変化があった。

基本下僕として日々奮闘しているのは以前と同じだが、それプラス飲み友達としての役割も加わった。

というか、今まで無償で下僕として働いていたが最近はご褒美として、ごはんをおごってくれるようになったのだ。

胃袋をおがっちり掴まれてしまった。

(アメとムチを上手に使われているのは気のせい?)

若干腑に落ちないこともあるが、あんまり気にしないでおこう。