よく晴れた日。

日当たりもいい、小高い丘の上。

綺麗に花が咲き誇るそこは、小さな墓地となっている。


「…来るのが遅くなって、ごめんなさい。…初めまして、お父様」


平たい、冷たい石に触れる。


「お母さん、久しぶり」


花束を置いて、手を合わせた。

母の墓は、祖父のはからいで父の隣にある。


「今日ね、引っ越しなの。私、南十字家に住むんだ。

お祖父様は、たくさんお父様の事教えてくれて…」

…一度でいいから、生きてるうちに、会ってみたかった。

「…また、すぐに来るね。またね、お母さん、お父様」


立ち上がり、少し奥の方で待ってくれていた執事へ歩み寄る。



―・・・



この作品のキーワード
財閥  束縛  純愛  兄妹  禁断  愛憎  狂愛  嫉妬  裏切り  復讐 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。