「椿様、お召替えのお手伝いに参りました」

「え、もうそんな時間ですか?」

「はい。読書に熱中なさっていた様ですね」


窓際にある、大きめのアンティーク調の椅子。

其処で本を読むのがお気に入りになっていた。


「それだけ此処での暮らしに慣れたという事ですから、

私使用人としてはとても嬉しいです」

「ふふ、まだ慣れない事はたくさんありますけどね…」

「この間も屋敷で迷子になられていましたもんね」

「ああ、それは止めてください…恥ずかしい」


椿の専属だという使用人とは、大分打ち解けた。